会えるときに会っておいたほうがいい

以前、東京にすんでいた頃のソフトテニスのお知り合いから連絡があった。その時、お世話になっていた人が亡くなったと。

よく組んで試合に出てたし、区の大会で優勝できたこともあった。披露宴の時は乾杯の挨拶をしてもらった。もう10年以上会ってないし、年上の人だったけど、数少ない友人と呼べる人だった。奥さんにそのことを告げる時、勝手に涙が出てきた。

何があったんだろうな。想像つかない。残された人のことを思うと辛い。そして、こっちに戻ってきてから一回も会ってないままだったのが残念でならない。いつかはまた会うだろうと思っていたけど、こんな突然なことになるなんて想像していなかった。

でも、もうそんなはずないよな。何度も大災害があちこちであって、自分だって事故や病気でいつ死んでもおかしくないのに。当たり前に訪れる毎日が保証されていないことを思い知らられる。

もう、最悪だ。今年は。この年の瀬にヘルニアにはなるし。

最後のお別れの挨拶に行ければいいが。