ナボリンsは別のところに効く

予報通り昼からずっと雨のため、ウォーキングはお休み。会社の駐車場の行き帰り往復600mだけ稼ぐ。明らかにお尻の坐骨神経痛がひどくなっている。まだ日常生活には問題ないレベル。残り12kmちょっと。あと3回に分けてオンラインマラソン完歩の予定。

 

5000円で買ったナボリンs。1ヶ月飲めば効果あると言われて買ったが、今の所坐骨神経痛に効果なし。しかし、別のところが効いている。

それは肘。右前腕の肘付近がなぜかものすごい痛くて、プランクで床に腕をつけることができない状態が長いこと続いていた。しかし、ナボリンsを飲み始めて2週間。痛さのレベルがかなり落ちている。完全に消えてはいないけど、プランクができるくらい痛みがなくなっている。本当に効いた。病院では神経が傷ついてるんだろうと言われて、治療も薬も無く終わったのにさー。ずっと痛いのが変わらなかったのに、ナボリンsを飲み始めて改善したので、ナボリンsのおかげと言っていいと思う。

ただ、末梢神経の修復に効果ありだが、ヘルニアの坐骨神経痛には効果なし。多分、神経が傷ついてるのではなく、まだヘルニアが神経を圧迫しているのだと思う。もうヘルニア発症してから4ヶ月近く経つけど、何らかの形でヘルニアが残っているのだと思う。勝手に思ってるだけだけど、前屈もできかねてるし。この圧迫がなくならない限り、いくらナボリンsを飲んでも変化ないと思う。

 

あと何ヶ月かしたらヘルニアが小さくなって神経圧迫がなくなるのか、それともヘルニアが固着してそのままになるか。ネットでいろいろ坐骨神経痛対策を探してみるけど、どこもかしこも千差万別。ストレッチしましょうというとこあれば、ストレッチはだめ。ヘルニアが原因というところあれば、実はそうではない。どんどん運動しましょうというところあれば、運動だめ、とか。どれもそれらしいこと言って、どれも正解のようで嘘のようで、未だにこれと信じられる説明がない。

 

とにかく今は残り12kmを歩ききる。それしか考えない。