確定申告の更正請求でもだえる

今年、初めて確定申告した。今までわずかながら毎月定額でユニセフに募金をしていた。以前から、寄附金の控除ができるからと、毎年年末に領収書が送られてくるのだが意味わからないので無視してた。でも、少し気になって調べてみたら、なんか思ったよりたくさん還付があるみたいで、わけもわからずダメ元でやってみた。そしたら本当に戻ってきて、やったー!!と喜んでいた。

 

ところが先日、市から変な通知が来た。ふるさと納税のワンストップ特例適用が不適用になりましたと。

 

え?なになに?意味わかんないんだけど。少なくともふるさと納税が思ったように処理されてないことは確実。どういうこっちゃ。税務署でなんか手続きしろと?

どうやら、ワンストップは確定申告をしないことが前提の制度。確定申告する場合はワンストップではなく、確定申告時にその金額を書かないといけないらしい。

 

まずはふるさと納税の証明書を取ることにした。おそらくこれがないとお話にならないと思った。

楽天でやってたので、調べたらここで何やらできそうなことがわかった。

【楽天市場】ふるさと納税|マイページ - 寄附金控除証明書の発行 (rakuten.co.jp)

 

「発行申請」をポチッと押すと申請できたらしい。1~2営業日でできるそうだ。

しかし、その日が過ぎても画面上変化ない。4日経ったけど変化ない。よく見たら「証明書を取得する」というボタンがあって、そこから進むと発行済みになっていた。メールをよく見ると通知が来てた。どうでもいいメルマガが腐るほどあって見落としてた。

 

次、とりあえず市の担当に電話してみる。しかし、全然つながらない。2日ほど仕事の合間でチャレンジしたがつながらず。時差出勤で午前中家にいたときに電話してやっとつながった。しかし、説明された内容は郵送された内容とほぼ同じ。税務署でなんかしろとのこと。

 

次に税務署に電話する。これはすぐつながった。声の印象から若い男性の担当と思われる人につながった。何をしたらいいのか質問したところ、なんかめんどくさそうな感じで説明された。パソコンでe-taxのページで新規作成から入って、なんとかかんとか言われて、はあ、なるほど、はあ、と聞いてたが何言ってるのかわからない。わかったのは

1.パソコンで書類作って、ふるさと納税の証明書付けて、税務署に持ってくるか郵送してこい。

2.それができない場合は、予約取って税務署に来い。

のどちらかだった。確定申告のときはオンラインでお手軽だったのに。税務署行って手続きした方が速い気がするが、今年は有休使い過ぎてるので、あまり無駄に休みたくない。とりあえず家で作って郵送を試みる。

 

ネットで調べると同じ事例での対処方法がわかりにくい説明されている。わかるように説明されてるのだろうが、俺にはわからない。

基本的にここの説明を見て進めた。

04240507.pdf (nta.go.jp)

 

ここではオンラインで送信できる説明になっているが、市の担当に聞いたら印刷して持ってこいとのこと。めんどくさいな。

まずはここから入るらしい。

で、収入とかいろいろ入力する画面になるのだが、確定申告時のデータを読み込んで入力軽減できる。その時の日付当たりでなにかあるか探したところ、それらしき.dataという拡張子のファイルがあった。それを読み込ませたらまさしく確定申告時の内容がひょうじされた。よしよし。

で、ふるさと納税の証明書もXML形式のデータで取得できてたので、そのデータを読ませることで手入力せず登録。

医療費控除については10万円超えてないので不要。なのに、なぜか画面上に現れて、明細毎にどういう内容かチェックしろという操作が必要。これに気づかず、いつまで経っても進めない沼にはまった。

 

ようやく進んで、最後の確認。

修正の申告で、約13万円納税してください。支払い方法は振り込みとかクレジットカード・・・・みたいな表示。

 

はあ?給料天引きじゃなく、今年分は自分で払えって事かな?わからんなー。合ってんのか、これ?ま、でも入力している数字は間違ってないよなー。どういう方法で税金の計算をしてるのかわからんけど。

マイナンバーカードのコピーと、ふるさと納税の証明書印刷したのも用意した。ちなみにふるさと納税の証明書を印刷するのはむちゃくちゃめんどくさい。楽天の画面からは印刷できず、パソコンになにやらインストールして証明書のXMLデータを使ってやっと印刷。以下の説明通りやったが、何か元はずれな事をやってる気がしてならなかった。

QRコード付証明書等作成システム (nta.go.jp)

 

なぜ必要なのかわからないが医療費控除の紙も印刷され、全部封筒に入れて後は郵送するだけ。

だが、やっぱり「納税してください」が気になって、また税務署に電話して聞いてみた。今度は女の人の担当。

「それだと、確定申告で申告漏れの収入があって、追加の税金を払う事になっています。申請漏れの寄附金を追加して税金が還付されるのだから、そういう表示にはならないはずです。何か間違ってると思います。」

 

もー、わかんねーよ。俺はするべきなのは「更正の請求」。これは書き損ねた控除などを追加して税金を戻してもらうこと。

で、俺はやってしまいそうになってるのは「修正の申告」。収入が漏れてるから追加で税金払いますってこと。でもなー、確定申告時のデータで入力して、寄附金控除足しただけだから、そんなことにはならないはずなんだけど。いろいろ教えてくれたものの、初めて聞く言葉満載でついていけず。「とりあえず、わからないけどわかりました。また調べてみます。」で電話切った。わからないけど聞いて良かったわ。送ったらまた余計に面倒なことになってたわ。

 

どこで間違ったのか?入り口間違えたかと思ったが、入り口は同じで、計算した結果で更正請求か修正申告に自動で出力されるものが変わるようだ。16歳以上の子供の記入が漏れていたので追加したので、それがまずいのか?

 

まず、確定申告時のデータを入力。

次に、修正する項目。俺の場合、寄附金控除と扶養家族を入力する。

で、次の画面に進むと、なぜか還付ではなく、どかんと税金納めろの内容になる。

 

最初この状態が、

 

ふるさと納税の金額を入力するだけでこうなる。還付がなくなって、納める税金が爆増える。

 

何度も行ったり来たりして、やっとおかしなところに気がついた。

確定申告時の紙。社会保険料控除とか生命保険料控除の各項目は空だが、合計値だけ入ってる。

 

今回の修正後。扶養控除が増えたものの、合計値が大きく下がってる。どうやら、社会保険料控除とかの金額がなくなってる。結果、所得が増えた形になり、税金も増えたという結果になったと思われる。

 

「13~24までの計」がおかしい。各項目が0なのに合計だけ入ってた。おそらく年末調整で書いた金額は会社を通じてデータがどこかに登録され、確定申告にマイナンバーカードを使うことで、そのデータを引っ張って簡単に入力できた。しかし、明細はなく合計値だけ登録されていた。で、今回の修正で合計が再計算されるが、明細が0なので社会保険とか生命保険の額が計算に含まれず、こんなことになった。のかな?

 

そうとわかったら、・・・どうしたらいいんだろう?勝手に計算されて、その金額は手直しできない。どうやっても直せない。

またしばらく右往左往して思いついた。

最初から全部手で入力する。前回データを読み込んでたが、それをやめて源泉徴収票見て、全部手で入力する。各控除の項目も一つずつ入力する。

目をしょぼしょぼさせながら地道に入力した。そして、寄附金控除と扶養控除も入力し直した。

 

その結果、ようやく妥当と思われる内容になった。最終的に出力された結果も更正の請求に変わった。それでも合ってるかどうかわからないが、もうどうでもよくなって速攻で郵送した。

 

結果、どうなるか。結局、所得税の還付で数千円戻ってくるだけみた。住民税は変わるのか?先日、給与明細と一緒に向こう1年の住民税の通知が入ってたが、えらい値上がりしてた。関係あるのかな?