サーブが混迷極める

2ヶ月ぶりの所属クラブによるシングルス戦。俺はシングルス練習会と呼んでいる。先月は駐車違反金取られたのと、連休最終日で疲れるのでやめた。

今回は、フォアハンドをまたちょっと変えてみた。かつてのロディックのようなフォームを意識してみた。1.テイクバックは肘を上げて、2.手首は背屈せず、3.体を正面向けて打点は体の横。特に3.。押すような打ち方をしてよくミスをするので、体の回転を使って腕をあまり使わないように意識する。

もう一つはサーブ。7月のこの練習会でスライスサーブ打ってるつもりなのに、弾道はスピンサーブみたいになってた。それからちょこちょこ試してたのだが、今回はスライスサーブはボールの右下を打つ感覚でやってみることにした。スライスサーブ打つつもりでボールの右横打ってスピンサーブになるなら、スライスサーブはその下を打つことになるだろうと。

今回は9人エントリーのトーナメント。くじ引きで一番下の山。1セットノーアド。

 

1回戦

クラブバイトの豪田レディがお相手。前回、負けを覚悟したが終盤逆転勝ちした。

快調にサーブキープしてブレークも成功。ところがここから相手の硬軟自在のボール回しに翻弄されてG2-2に追いつかれる。今までにないスライスを使われ、これがまた左右深く来る。これはやばい。

と、思ったが、その後はそのスライスを使われることなく、相手のミスに救われG2-6で勝った。序盤のスライスには特に意図はなかったらしい。

 

2回戦

時々出る強い人。過去1回だけ勝ったことがある。その時は優勝したが、その後はボロ負けしたハードな組み合わせ。

サーブ。15-40。しかし、ここで右下打点のスライスサーブがもろに決まってエース。その後もたまたまだけどフォアのウィナーもあってキープ成功。続くゲームも取ってG2-0。

快調にサーブキープしてと思ったが、2連続ダブルフォールトが響いてブレーク。セカンドで打つ右横打点スピンサーブがネットする。しかし、ストロークの調子が良くて次のゲームブレークしてG3-1。

初戦で調子が上がってこない相手。このリードがプレッシャーになったか、簡単なネットプレーのミスもあって、こちらも大きな崩れを出さず。相手のセカンドサーブでのリターン&ネットダッシュが要所で決まる。意外にもG6-1で勝った。しかし、サーブが微妙におかしくなってる。

 

準決勝

ご年配の方。昔は負けっぱなしだけど、最近はずっと勝っている。

しかし、サーブが異常におかしい。入らない。右下スライスが思った起動を描かず、右横スピンはネットを超えない。サーブの異常に引きずられ他のショットもミスを出しG2-4。非常にまずい展開。

第7ゲームはサーブ。とりあえず入れに行く。それで少し落ちつて相手もミスが出る。最後はサーブ&ボレーが決まってG3-4。次も取ってG4-4に追いつく。

それもでプレーの不安、特にサーブの異常がつきまとう。第9ゲーム。40-0から40-40に追いつかれる。サーブ&ボレーに行けば結構サーブの調子が戻るのだが、それも無い。勝負を決めそうなディサイドポイント。サーブ&ボレー。際どいボールにぎりぎり追いつき、最後はコントロールしたボレーがコーナーに決まってキープ。

第10ゲーム。フレーム気味のフォアがぎりぎり入ったりした幸運もあって、ブレークできてG6-4で勝った。なんで勝ったのかわからない。

 

決勝

久しぶりだな決勝まで来るの。相手はサウスポーの若者。もう全然勝てねー。大会は午後からで、午前は普通のレッスンしてるんだけど、そこでジュニアとかと一緒にレッスンしてる様子を見ると、それもしょうがないなと思う。

時間が空いたので壁でちょっと練習してると、県のダブルスに出てて戻ってきて、ビール飲みまくって観戦してたおっさん近寄ってきて、応援してるから頑張れと言われた。遅いボール打たせてたらチキるって。完全でできあがってるな。

サーブから。しかし、この試合でもサーブ不調。1本目こそスライス決まったが、次で早速ダブルフォールト。その後もサーブ入らずブレークされる。

こちらがサーブに引きずられてストロークも微妙なところ、相手はのびのびと打ってきて好プレーを連発。あっという間にG0-5。酔っぱらいおっさんが盛んに声をかけてくれるものの、興ざめもいいところ。

第6ゲーム。粘り強くとにかくボールを打ち返してなんとかブレーク成功。次のサーブ。入れないことにはどうにもならない。入れに行ってもファーストはいらない。でも、なんとかセカンド入れる。それでまたボールを打ち返してやっとキープ。G2-5。

第8ゲーム。30-30。相手サーブがセンターに。バックのトップスピンで合わせに行ったが、思ったよりボールに勢いがなく、お辞儀したボールを持ち上げられずネット。

最後は右サイドに振られたのをフォアのトップスピンで返そうとしたら、ボールの上側を撫でるような打ち方になってしまいネット。G2-6で負け。

最後の方だけ5分の内容に持っていけただけに、序盤の自ら崩れた展開がもったいなかった。

 

もー、とにかくサーブがクソすぎた。

最初の方だけで2試合目の途中から思ったように行ってなかった。1ゲームに2本も3本もダブルフォールトする始末。そして、それを矯正できない融通の悪さ。

スライスサーブのつもりなのにスピンサーブになってるという感覚と実際のズレがコントロールできない原因。ファーストで思いっきり振れるときは入る。しかし、セカンドになると入れに行く意識があって、振りの鈍さ、インパクトの面の当たり方が変わり、思った軌道にならない。殆どのミスがネットだった。

右下スライスも最初だけ。力を抜くと入るけど、やはりボールの下側を打つという感覚がどうもしっくりこない。家に帰って動画見てみたら、打点がすごい前になってた。そうかー。下側打とうとしたらそうなるよなー。試合中はそれに気づかなかった。

決勝の前にコーチにスピンサーブの打ち方聞いてみた。いろんなサイトや動画で説明がいろいろ違うので、コーチにも聞いてみた。コーチ的にはボールの左下を打って、右にヘッドを振り抜くらしい。ただ、体の向きによって変わるかな。前向きで打つ人は結構ボールの横を打ってると。

ほうほう。体の向きと打点に相関があるのね。少し納得した。で、そのときは一応両方打てるように壁で練習してたんだけど、試合で横向きボール左下打点に切りかえできなかった。なかなか試合中に切り替えて、1本目からミスなく打つというのが難しい・・・。

俺のフォーム的にも横向き打ちは向いてない気がする。今までずっとそうしてたけど、いまいちしっくり来たことがない。じゃあ前向き横打点でいいとして、スライスサーブはどうやって打ったらいいのか?

予想では、おそらくスライスで打ってるつもりでも、手首に角度ができてるからボールのちょっと右上を打っててスピンサーブになってるのだと思う。でも、スライスと思ってるから、セカンドで思い切って振れなくてスピンも勢いも足りずお辞儀していると思う。

スライスサーブは右下打って変えようとしてけど、打点が前になってしまった。トスをもっと横に上げることで矯正できるだろうか?

 

フォアハンドは思ったほど良くならなかったけど、大崩もしなかった。くだらないミスはあったけど、良いボールもあった。打点を体の横に引きつけて打つのが良かったと思う。

それより思ったのは、飛んでくるボールに合わせてスイングを変えないといけないということ。一応、ずっとそうだとは思ってた。ただ、軟式みたいにきっちり振り切ってガツンとボールを潰せば関係ないとも思ってた。しかし、実際には、特にシングルスはそんなに強いスイングをできることは滅多になく、相手ボールに合わせて繊細に調整する方が多い。

相手のボールが強い方が打ちやすいと感じるのは、バウンドしたボールが水平または上がってくるところに面を合わせれば、自然と持ち上がるのでスピンもかけやすいからだろう。

勢いがなくて落ちてくるボールを持ち上げつつスピンをかけるというのが難しいのだと思う。打点が低くなれば余計に難しいし、サーブに対しては余裕がないから、速いのに備えてるのに遅いのが来ると一瞬で判断してスイングを調整しないといけないし。このことを認識できたのが今日一番良かったことかもしれない。

ただ、テイクバックはまだおかしいかな。動画見ても、やっぱり余裕がないのは改善されず。もう、最初から引いておくくらいのほうがいいのかな。

 

バックハンドはミス少なかった。スライスもトップスピンも。なんか、最近トップスピンが打ててるな。

そう言えばボレーも入ってるな。うまくなったというより、ましになったとか普通になったという感じだけど、試合で入るようになった。続けることでようやく身についてきたのだろうか。サーブ&ボレーでがつんと打たれたリターンをボレーするのが難しいかな。浮かずそれなりに深いボレーを打ちたいけど勢いを殺すような動作をしないといけないのが難しい。

 

サーブはどうにかしないとだけど、どうにかなりそうな気もしている。次の大会までどうにかして、まともな試合をできるように近づきたい。

肥料ぶっこむ

もう、朝晩は肌寒くさえ感じるようになったが、昼間の直射日光はまだまだ暑い。ベランダのすだれ暑さ対策はまだ継続。

相変わらず、ミニトマトの背丈は伸び、花は咲くが実がならず落ちてしまう。これくらい咲いていても実がなるのは2,3個。

f:id:unkei73:20210918213123p:plain

もうすでに大半の花が落ちてしまった果房。なんとも寂しい。

f:id:unkei73:20210918213232p:plain

螺旋状に巻きつけてきたが、まだまだ背丈が伸びていて、もう上限近い。でも実はならない。

f:id:unkei73:20210918213311p:plain

しょうがないので、肥料ぶっこんでみた。今までは月1回、まあ指先でちょっと多めにという感じだったけど、もう知らねー。袋ごと土の上にぶちまけたった。白い粒は肥料の一部。土の上全面にぶっこんだ。

f:id:unkei73:20210918213527p:plain

こっちもね。実がならないなら枯れても一緒だ。

f:id:unkei73:20210918213641p:plain

 

そういえば、姫スイレンも花が咲かないので、こいつも遠慮なく肥料をぶっこんだ。月1回、1株に付き5個という説明書き。今月頭にやってたが、可能な限り土の中に埋め込んだ。

f:id:unkei73:20210918213850p:plain

とは言え、こっちはポットの中に株が増え過ぎて隙間が無い。土も流れ落ちてるし。来年は植え替えして、容器ももっと大きいものにしてみるか。

f:id:unkei73:20210918213933p:plain

 

ハイビスカスは一息ついたけど、まだ蕾が出てきている。ただ、虫が付き始めた。どこから来るんだろうな、こいつらは。

f:id:unkei73:20210918214212p:plain

 

ハゼノキの根本から謎の草が生えてきた。ハゼノキの新しい幹かと思ったが、葉の形が全然違う。ただの雑草と思われる。そして、また雑草を育てている。

f:id:unkei73:20210918214419p:plain

 

松笠盆栽の土にまた苔が生えてきた。水やり過ぎかな?

f:id:unkei73:20210918214535p:plain

 

2ヶ月ぶりに6km

今週のランニングは6km。先週は4km→5kmに戻した。今日も涼しかったので6kmに戻した。

前半快調に走ったけど、後半明らかに落ちて、5km前でばてた。

走り終わった後、ラップタイムを確認したところ、2km地点で6:16/kmで最速。その後は6:40/kmに落ちて、どんどん落ちて、最後は7:30超え。平均7分弱/kmという結果。

でも、いいんだー。一瞬でも6分前半のラップまで上がったのが久しぶりだから。

思惑外れ

先週の試合、サーブとファオがいまいちだった。それで、いつものごとく頭の中で、こうしたら良かったかなあー、こうしてみようかなー、とか考えてて、また週末を迎える。

本当は土曜日午後に練習するつもりだったけど、父親に釣りに誘われて行った。家に帰ったのが22時前で疲労と寝不足。またしばらく試合まで日が空くので無理しなくてもいいんだけど、鉄は熱いうちに打てということで、頭の中で貯めた構想を実現すべく出発。

とはいえ、結構雨が降っていて、予報も午前中は雨。雨さえ止めば人工芝なのでできるけど、できなくても買い物して帰るから特に気にしてなかった。実際、雨は降ったりやんだりで、降っても小降りだし、最後まで問題なく練習できた。

 

今日の使用ラケットはピュアドライブ。雨のせいでナイロンを張っているクラッシュは使えない。CX200もあるけど、雨のせいでボールの飛びが悪くなるので、CX200は余計に飛びが悪くなる。なので、CX200は最近使い所がない。

f:id:unkei73:20210912212354p:plain

 

で、今回の練習のできはというと、だめでした。

先週の試合の時は手首、肘がルーズでミスが増えた。そこで今日は肘を使わないようにした。肘は曲げてても伸ばしてても、スイング中に曲げ伸ばしをしないように。手首は基本的に力を抜いておく。飛んでくるボールに合わせてテイクバックしてフォワードスイングにはいる時に手肘の角度が決まって、その形で打つと。

で、どうなったかというと、ネットする。肘を使わないように意識すると、肘が伸び気味になる。伸びると打点が前気味になって、手首が背屈する。するとウエスタングリップなので面が下を向きやすくなる。そしてネットする。

そのため、打点に対していヘッドがよく落ちるようにすると、今度はかすりまくる。打点が前なのでボールが押せない。相手のボールが速ければ向こうから面に食いついてくれるけど、遅いと当たりが薄くなって擦ってフレームショット。

最終的に手首の使いこなしでどうにかしのごうとして、もうヘッドがとっちらかってどこに飛ぶかわからない状態になった。

関節を使わないと安定する感はあるのだけど、実際はちょっとしたずれですぐミスする。僕の場合はボールが持ち上がらなくなる。よくあるループ気味のテイクバックもタイミングが遅れてより持ち上がらないことが多い。残念。

 

サーブもだめだった。

7月のシングルス練習会。へとへとの状態で打ったサーブに光明を見出し、実際良くなったと思ったが長続きしなかった。しかし、打点が前になりすぎてると気づいた。今日は頭の上、もしくは後ろくらいのイメージ。インパクトでは目線を切るくらいで打つことにした。実際、昔、軟式のときはそんな感じで打ってた。

で、結果的にダブルフォールト多発。この打ち方にすると、フラットサーブは打ちやすいけどスピンがかけにくい。スピン、特にスライスサーブを打とうとすると打点が前になってしまう。

しかし、最後の2球だけ、7月に打ったサーブが打てた。ボールが高いところからギュンと落ちて、すごい跳ねた。しかし、スライスサーブのつもりで打ってるのだが、起動はスピンサーブのように見える。では、フラットサーブやスライスサーブはどうやって打ったらいいのだろうか?

 

最近、体重が60kgを維持できてて、よしよし筋肉ついてきたかなと思ってたのだが、なんかお腹周りに贅肉が溜まってるように見える。家にある体重計で体脂肪率を測ったら17%。おっさん成人男子の正常値が10~19%とのこと。結構上限ぎりぎりじゃん。

普通のプロテインと合わせてウェイトゲイナーを飲んでて、よしよしと思ってたのだが、良くない。筋肉じゃなくて贅肉で体重が増えてるだけじゃないのか?

ただ、ある程度体重増やしてからじゃないと筋肉つかないという話もあるし。しばらくこのまま行った方がいいのだろうか。

浮きの向こうに秋の訪れを見る

昼からテニスの練習に行こうと思ってたところ、父親から釣りに誘われた。タチウオのシーズンだからな。ま、たまにはいいかなと。

父親が昼間に餌になるアジを釣ってきて、夕方からタチウオ釣りに出発。

場所は沖洲。多いなー。やっぱり人が多い。サビキ釣りしてる人もちらほらいるけど、タチウオ狙ってる人が等間隔に隙間なく岸壁に並ぶ。

 

さーて、釣りますかね。お父ちゃん、俺の道具は?え?ルアー投げろ?エサ釣りじゃないの!?

なんか、俺がルアー道具を持ってきてると思ってたらしい。しかし、俺が持ってきたのは磯竿と手袋やライトといった小物。一応いつものリールは持ってきてたけど、ルアーやそれにまつわる小道具はない。

父親が15gのジグを持ってたので、磯竿にいつものリールをセットして、ジグ結んでキャスト。

え?ワイヤーつけろって?いらねーよ、そんなの。今までリーダー切られたことなんてないよ。いらないって。しょうがないな。

f:id:unkei73:20210911224254p:plain

 

まだ17時頃で空は曇ってるけど明るい。ワイヤー見えちゃうんじゃないの?エサ釣りでタチウオが餌をがっぷり飲み込むような釣り方ならいるのかもしれないけど。

それにしても、どうやって引いてきたらいいんだろう。基本的には一度底まで沈める。その後、早く引く。引いて落とす。シャクる(でも、磯竿なので実際はストップ)。ただ巻き。一応いろいろやってみたけど反応無し。もうワイヤーいいや。

 

周りの人たちもルアー投げてる人が多い。テンヤに魚縛り付けて投げてる人もいたけど。全く反応ないので、お父さんからワインド借りる。しかし、磯竿のためシャクってもアクションしない。ま、暗くなってきたしゆっくりただ巻きでもいいでしょ。

しかし、程なくして根がかりでロスト。あいたー。リーダー持ってきてない。しょうがないので、一回外したワイヤーにPEを結び、残り1個となったワインドを再投入。そして、釣れず。

 

日が落ちるくらいからぱたぱたっと周りで釣れた。父親の仕掛けにも当たりが来る。しかし、なかなか食い込まない。1回がっちり針がかかったのに、抜き上げる直前で外れた。そして、俺にはなんの反応もない。

 

夜になるとエサ釣りの人が多くなった。俺も父親の道具借りてエサ釣りに変更。帰る人もいれば、来る人もいる。

普段人のいないところで釣ってるから、こんな人の多いところで釣りするのストレス溜まるわ。若者ルアー3人組が狭いのに隣に入ってくるし。後ろではおっさんが立ちションしてるし。わざわざこっちに来て立ちションするな。自分の立ってるところでやれ。

 

完全に暗くなってしばらくして、全く釣れなくなった。俺は最初から釣れていないが、周りの人も全然釣れてない。ルアー3人組も諦めてさっさといなくなった。

人の多いところで釣りをするメリットは、周りが釣れてないと、魚がいないのだと諦めと判断がつきやすいところ。周りが釣れていれば、自分が何か足りないのだなとわかる。いつも人のいないところでやってるので、何が正解なのかわからないまま、自分の至らなさを責めつつ帰っている。

 

満潮前の20時頃。仕掛けも全然流れず、エサ釣りなのに気がつけば浮きを見ていない俺。周りが釣れてないこともあって、父親も諦めて終了。

 

一昨年は社員旅行で子供とタチウオ船釣りにも関わらず当たりも無し。去年はお父ちゃんとタチウオ釣り行ってやっぱり釣れず。そして、今回も。ひでーもんだ。申し訳ない。別に俺のせいじゃないけど、なんか謝りたい気分になる。

 

しかし、風が涼しく蚊もいなくて過ごしやすかった。家族連れでくつろいでる人もいたし。ま、いいんじゃないですかね。

f:id:unkei73:20210911231433p:plain

 

サボテン傾き問題

サボテンが傾いている。

f:id:unkei73:20210911153053p:plain

 

多分、日光が全体に当たる環境では関係ないが、一方向からしか当たらないベランダだとこうなってしまう。
昔からわかっていたことで、週末に植木鉢を4分の1とか半分回しているのだが、やっぱり傾いてしまう。多分、急に大きく成長する時期があって、その時にぐっと日の当たる方向に傾いていくのだと思う。
傾きを直すのは難しい。手っ取り早いのは植え替えしてまっすぐ立たせることかな。面倒なのでやらないけど。

 

暑さもやわらいで、メダカも一安心かな。と、思った矢先、メダカが立て続けに死んでるのを見つけた。どうしてだろう。春先にうちの父親のとこから3匹持ってきた赤いメダカが2匹死んでしまった。1匹はいつの間にかいなくなり、昨日まで元気に泳いでた1匹が今日底に沈んでいた。藻に絡んだとかでもなく。寿命と言うにはなあという感じ。水も何か大きく変えたわけでもないし。なんか不気味だ。

f:id:unkei73:20210911222457p:plain

以前は、水が濁ってたし、スネールがいっぱいいて、メダカの亡骸を食べてたようで、そういうのは目立ってなかった。今は水が澄んでいて、スネールは見つけるたびに別の容器に移したのでかなり減った。その代わりにメダカの亡骸を見つけることが多くなった。

 

以上

感覚とペースが合わない

火曜日に脚トレしたので、1日空けて今日はランニング。

朝晩かなり涼しくなって走りやすくなった。

快調にスタートして、そしてすぐバテる。しかし、秋の虫の音を聞きながら、頑張ってペースを維持して走る。

 

以前、3つのことを意識してフォームを変えた。

  1. 沈み込まない
  2. 足は真っ直ぐ下に着地、地面を蹴る
  3. 上体を振らない

しかし、2と3の両立が難しい。

足を真っ直ぐ下におろして地面を蹴ると、上体が揺れる。着地が重心から横にずれるので、肩を前後に入れ替えて上体を振ることでバランスを取ろうとする。

上体の振りを抑えようとすると、体真ん中に着地しようとする。それを頑張って股関節の真下におろそうとすると、アイススケートのように地面を横に蹴る感じになる。

それでいいのだろうか?体の自然な動きに反する感じがするが、それを抑えて上体と足の動きを両立させるべきなのだろうか。

 

先週は疲労とまだ暑さが残っていて、4kmで諦めた。今日は元気なので5km走った。本来の6kmに戻そうとも思ったが、いきなり戻すのもあれなんで、5kmにした。走ることに関しては無理を一切しない。

 

f:id:unkei73:20210909231225p:plain

 

おっそ!!

びっくりした。今日はまあまあ速いんじゃないと思ったが、真夏の夜に走ったときより遅いではないか。一向に実力が上がらないな。

それと同じくらいだめだと思うのは、走ってて自分のペースがわからないこと。今日は6:30/kmくらいのペースで走ってるかと思ってたが、終わってみたらこの結果。自分の感覚がわからない。

ま、別にいいけど。

秋のシングルス大会 精神的にもたない

久しぶりのシングルスの大会。A級。ドロー見て相手が強いのもわかっている。でも、なんとか結果を出したいところ。昨日見た車椅子テニスのことも思い出しつつ、自分に何ができるかを考えて臨みたい。

今日の会場は壁があるので楽。よく会場を間違えるので行くまで不安だが、知ってる人がいて一安心。今回もコロナの中、よく開催に至ったと思う。

 

サーフェスがこういうクレーっぽいのに貼り変わって初の試合。子供と軟式の練習で何回か来たけど、硬式では初めて。ボールの弾み方がクレーに近いので、いつもテイクバックが遅れる僕にとってはありがたい。

f:id:unkei73:20210905205903p:plain

 

今日は曇ってるし、気温も低めでやりやすいな。ありがたい。先週はものすごく暑くて練習で死んでたのだが、ダブルスの大会があって、そこでは暑すぎるということで、セミアドバンテージになったらしい。

 

前の試合が終わった。さーて、行きますかー。

相手の人「あ、〇〇(俺の名前)さん?」
僕「はいそうです。」
相手の人「あー、すみません、顔と名前が一致しなかったので。すみません、すみません、じゃ行きましょうか」
僕「僕は存じ上げてます。」

そして、一致しないと言ったが、あなたは僕の顔も名前も知らなかったはずだ・・。

 

予選2回戦

相手は同年代の強い人。以前、年齢別で対戦組まれてたが棄権されて、今回初対戦。マスターズとか県外の試合も行ってるくらいなので、俺など相手にならないのはわかっている。サーブのとき、ラケットをブンブン振り回していつ打ってくるのかわからず、俺の中では「ウィンドミル」と呼んでいた。

試合前のサーブ練習・・・の前に、相手の人がなんかこっちに歩み寄ってくるな・・・。

「すみません、あの、すみません、今日は8ゲーム?ジュース、ジュースあり?」
「そうです。」
「すみません、すみません、ルール聞いてなかったんで、ほんとうすみません。すみません、そんで練習は3分?」
「いや、サーブだけです。」
「ああ、サーブだけ、すみません、すみません、聞いてなかったんで。ああ、そんで先に言っておきますけど、僕、カウント間違えます。ほんとよく間違えます。申し訳ないけど、ほんと間違えるんですみませんけど気をつけて下さい。あー、それとこれも一応確認ですけど、ルールが最近変わっててよく揉めるんですけど、もう揉めたときはやり直しといことで。すみまんせんが、そういうことで」

この人は人生の中で何回謝罪をしているのだろうか?

 

練習終わり。よし、やっと試合だ。試合になるとなんか晴れてきたな。むかつく。

サーブから。相手の印象としてスライスとネットプレーをよく使ってくる印象がある。相手よりも先に仕掛けていきたいが、ミスもしないように気をつけるつもり。しかし、30-0から逆転されてG0-1。

次のゲームはジュースまで行くけどブレーク至らず。次のゲームはネットに仕掛けてジュースになるもののやっぱり取れず。その次もジュースになるも取れず。G0-4。単発でいいショットが出るが、続かないのでゲームが取れない。

第5ゲーム。サーブポイントを絡めてネットプレーも決まったりして、長いジュースを繰り返してようやくキープ。G4-1。

しかし、次のゲーム。特に相手のサーブがなにか変わったわけでもないのにレシーブが全然入んなくなって、あっさり取られる。次のサービスゲームもあっさりブレークされる。次も取られてG1-7。そういえば、相手のサーブ全然普通だ。ウィンドミルになってない。前はラケットをくるくる回しつつ前に後ろに数回フリフリしてたのに、今は1回だけだ。おかげでいつサーブを打ってくるのかわからないということはない。でもレシーブできない。

第8ゲーム。なんか急に相手がバックハンドを両手で打ってきた。ゲームカウントが離れたので両手打ちの練習を始めたのだろう。それならとバックに集めて打ってもらって、ミスをしてもらってもう1ゲームキープ。

ミスが止まらないことを悟った相手は普通に打ってきて、最後は片手のバックハンドでウィナーを決められ、G2-8で負け。

「えーと、ボールどうでしたか、ボール、どんな感じでしたか?」
「どういう?」
「えーと、僕は打ちやすかった。ラケットにしっかり乗ってる感じがして。」
「ああ、そうですね。他のに比べると柔らかいすね。」
「ああ、どうも、すみません。」

 

あー、だめだった。いろいろだめだった。かなりネットにしかけたけど、あんまりポイント取れなかった。リターンでばきっと打たれることはほとんどなくて、比較的ボレーしやすいボールが多かったけど、ボレーが浮いたりミスしたり。最近、結構調子良かったんだけど、だめだった。あと、いろいろお話を突っ込めば友達になれそうな気がしたけど、今回はやめといた。

せっかくなんでコンソレ。コロナになってからコンソレなかったけど、今回はなんかやってくれるらしい。

 

コンソレ

お相手は社会人だろうけど若い人。6ゲーム、ノーアドで試合開始。

さっきはサーブ&ボレーをちょっと無理してやりすぎたので、ちょっと抑えよう。

この試合もジュースが多い。ジュースからの1本決めのゲームが続く。そして、何故か試合の時だけ晴れててむかつくし、とにかく疲れる。

ネットに仕掛けるのを抑えた分、ラリーが増えてよりきつい。G2-3と相手リードで相手サーブ。このゲームも長いラリーありつつ、ネットにも仕掛けて40-40。長いラリーから相手ミスでG3-3。

次のゲームも40-15から追いつかれ1本決め。長いラリーからネットに仕掛け、ロブで下げられまたラリー。相手がネットに来てたところにスライスが浮いたものの、相手がウォッチ。ライン内側に落ちてG4-3と逆転。

しかし、ここまでいい加減かなり疲れてて、もう早く終わりたいと思っていた。そこにこの長いラリーが来て、気持ち的にもうこれで終わっていいと思った。

別に手を抜いたわけではないが、次のゲームでまたレシーブミスりまくってG4-4。次はゲームポイントでダブルフォールトでG4-5。

第10ゲーム。0-30から3ポイント連続で挽回して40-30。しかし、相手ゆるゆるボールに対し、バックのトップスピンをネット下段。締めの1本でフォアのスライスがネット下段。G4-6で負け。

相手の人「ジュースありだったら、もっと長い試合でしたね。」

たしかに。ノーアドで良かったよ・・・。

 

あー、だめだったなー。今回も。車椅子テニス見て、いろいろ勉強したつもりだったけど、何も変えることができなかった。結果もプレーの内容も。

おそらく、普通にラリーするのでは歯がたたないと思い、かなりネットに仕掛けた。サーブ&ボレーも。家で動画を見て、ネットプレーの成功率はどうであったのか数えてみた。

1試合目。20回試みてポイントになったのは5回。

5回?

成功率25%。やばいだろ、それ。低すぎだろ、それ。サーブ&ボレーに絞れば13回で成功4回。約30%。ただの自殺行為じゃないか。しかも問題なのは、試合中にそれだけだめだったということに気づいてなかったこと。もう、どんだけ頭お花畑なの。

2試合目。21回中7回成功で33%。サーブ&ボレーでは7回中3回成功43%。以外に多かったな。サーブがあまり入らなかったのもあるけど、1試合目はセカンドでも結構行った。この試合はそういうのをやめて、サーブ&ボレーを控えて、機を見て出るようにした。それで、ちょっと成功率が上がったと思われる。しかし、50%に達しない戦術など用いるべからず。かといって、後ろで打って50%を超えてポイントできたかも怪しい。

結構イージーなボレーミスったしな。低く浮かないようにボレーしておけばいいのに、無理に1本で決めに行ってしまった。頭でわかってても、決めたいと思うとミスしてしまう。あと、2試合ともかなり頭を越されてしまい、かなり苦労した。これもボレーが浮いたせい。

 

サーブが一番まともだった、と言いたいが、2試合目では2回もブレークポイントでダブルフォールトしてしまった。日々筋トレしてるのに威力イマイチだし。精神的なものも技術的なものもあるな。スライスサーブでは肘が落ちてしまうのが気になる。スピンサーブは当たりが薄すぎたり厚すぎたり安定しない感じ。

序盤はバックのスライスでミスをしないように気をつけてた。実際、いつもよりミスは少なかった。しかし、中盤から増えた。意味ない。トップスピンは結構打てた。しかし、最後のミス1本が悔やまれる。1本のミスが全てを台無しにする。

で、フォア。打てねー。余裕があっても狙った所に打てない。ラインギリギリとは言わないまでも、相手を走らせるくらいのところに打とうとするとミスをする。車椅子テニスの選手みたいにコース狙えない。オープンコートで来て、そこに普通に打てば決まるというところで力が入ると、ものすごい浅くなるしセンターに行くし。フォアに回り込んでストレートに打つとネットするし。遅いコートに救われてこの状態。動画で見ると相変わらずテイクバックが小さい。見た目明らかにおかしく、そりゃ入らないだろと思うのだが、実際打ってるときはそのテイクバックじゃないと入らない。あれ以上テイクバックを大きくすると遅れる。遅れなくても勢いがつきすぎる。

いっそ、ラケットをものすごい飛ばないものに変えたほうがいいのか?今のラケットの反発力を10とすると、2くらいしか飛ばないラケット。それくらい飛ばなければ、テイクバック大きくして、しばきまくらざるしかないだろ。

余裕あるのに相手の近いところしか打てなくて、ネットプレーもだめ。どんなに筋トレしようが、常にミスを恐れてスイングスピードが上げられないので球威も無い。ポイントを取れる予感が無いので、相手の近くにしか打てないラリーに精神的に耐えられない。もう、硬式には向いてないんだろうな。昔は3本以内にミスしてたのが、7,8本は続くけど、結局最後はこっちがミスするみたいな感じ。

 

パラリンピックも終わったな。今回は放送結構見たな。開会式も閉会式も。いろいろ学びがあった。本当の多様性の時代というには、「車椅子なのに」とか「義手なのに」みたいな枕詞が無くなるようにならないといけなんだろうな。

それにしても、今回は本当に貧乏くじを引いたな。否定的な意見が多いのは当たり前だが、そんな中、出場した選手も、観戦した方も、本当に良い体験をさせてもらったに違いない。ほんと、普通に見たかった。そんで、こんな中、運営に関わった人たちの努力。誰も経験したことのない状況下での開催。何が正解かわからない状況で最後までやりきったことについて、感謝の気持しかない。

車椅子 すごすぎる

午前中、ベランダで植木鉢やメダカの世話。そして、近くの神社と猫のお参り。

f:id:unkei73:20210904221202p:plain


明日試合なんだから練習しろよと自分でも思ったが、疲れるからやめた。

 

午後は車いすテニス観戦。(しながら銀河英雄伝説も視聴。)

 

女子はダブルス。上地・大城組銅メダルおめでとう。二人後ろに下がってのラリーだと、弱いと思われる方にボールが集まって延々とラリーがつながるので大変。

昨日はシングルスの決勝で、上地さん銀メダル。マッチポイントを(多分)6本もしのぐ粘りを見せたものの、デフロートが強かった。バックハンドのリターンエースをバシンバシン決めていく。

おかしいでしょ?バックハンドなんてちょっと打点がずれれば思った所に打てないのに、車椅子でしかもレシーブで、どうしてそんなに狙いすましたウィナーが取れるの?上地さんもわかってたと思うけど、サーブが同じコースに行ってしまうのは、フォア側だとより厳しいボールを打たれるからだろう。

 

今日は男子のシングルス。国枝さん圧勝金メダル。セットの序盤こそ相手の強打に押されるも、正確な配球や的確なネットプレーで隙なし。サーブ&ボレーまでやってる。エフべリンクも粘っていいプレーあるんだけど、国枝さんに勝つなら全てのその気合と展開で通さないといけない。

エフベリンク・・・。サーブがすごい。

140km/h?すげー。体むきむきだもんな。普通のシャツがコンプレッションアンダーみたいだもん。

150km/h?まじで?

160km/h!?正気か?俺が確率度外視で全力で打って出るかどうかのスピードだぞ?

171km/h!?

お、おかしいだろ?打点だって普通のテニスに比べたら低いのに、そんなスピードが出て、それで入るのか?

しかし、やっぱりそれだけじゃ勝てない。確率は50%位。入らないと意味ない。140km/h位でワイドに来れる方がエースになってる。

劣勢をパワーとスピードで対抗しようとしてミスが増える。入ればいいんだけどね、入れば。

 

それにしても、みんなバックハンドのトップスピンどうやって打ってるんだろう?国枝さんはどうやら、ほぼウエスタングリップでわかりやすいトップスピンを打っている。普通あのグリップだと面が下むいて持ち上がらないはずだけど、車椅子で相対的に打点が高くなるので打てるのだろう。

しかし、他の人がよくわからない。打った後のフォローするー見るとコンチネンタルグリップくらいの薄いグリップに見えるのだけど。あれでトップスピン打てるのか?まさかコンチネンタルの裏面じゃないよな?スローで見てもわからない。

 

明日は試合。強い人とやるのはわかってる。練習はしてないが、どうやったら勝てるのかは一応考えてる。そして、わからない。考えただけで勝てるなら苦労しない。

とにかく序盤のミス量産は避けないといけない。特にバックハンドのスライス。あとは無理に振り回さず、ラリーでだめならネットかな。

トロ船の前で1時間

相変わらず、コケ類の繁殖が旺盛で困る。

最近は、水の交換に加えて以下の作業を毎週行っている。

  1. 底砂利に繁茂しているコケを砂利ごと取る。コケだけ取れるものはそれに越したことはない。
  2. 先週取って乾いたコケから砂利を分別。
  3. 砂利だけトロ船に戻す。

f:id:unkei73:20210904144905p:plain

 

面倒極まりない。コケから砂利を分別するのが面倒なので、ライターで焼けないか試した。しかし、コケは確かに燃えるものの、すぐに消えてしまう。紙が燃えるように放っておいて全部燃えない。

気がついたら1時間位トロ船の前で座り込んで作業している。

 

コケ除去後。水換えはしてるけどコケは止まらない。エビをもっと投入すればましになるだろうか。

f:id:unkei73:20210904145403p:plain

 

ヒメタニシの小さいのがそこかしこにいる。薄ピンクの砂利なのでまあまあ見分けやすい。コケを取るとき、こいつらやメダカの卵も混じってて、それらを取り除くのもすごい手間がかかる。おそらく、少なからず犠牲になっていると思う。

f:id:unkei73:20210904145539p:plain

f:id:unkei73:20210904150208p:plain

稚魚容器はそこまでしない。卵をこちらに移してるので、コケとる時に一緒に卵も捨ててしまう可能性が高い。

f:id:unkei73:20210904145743p:plain

 

今日も1匹稚魚容器からトロ船に移した。最後に卵を移し替えてから2ヶ月近く経ってると思うが、未だに針子が出てくる。そんなに孵化に日がかかるはずがない。多分、稚魚が育って産卵してるのではないか?これくらいの大きさになったらもう産卵する能力を持っているのではないだろうか。

f:id:unkei73:20210904145911p:plain

 

ブルーベリーに肥料投入。酸性の土が好みで肥料も普通とちょっと違うとのことで、わざわざ買ってきた。9月はお札肥の時期。1~2年目は20g、鉢植えの場合はその3分の1とのこと。これで10gくらい。これだと全然減らない。ジップロック付きの袋だったら100点なのに。

f:id:unkei73:20210904150250p:plain

お札肥(おれいごえ)・・・花や実をつけた後、疲れているところで元気にするための肥料とのこと。ふーん。

f:id:unkei73:20210904151142p:plain

ブルーベリーその1。目立って大きくはなってない。なぜかこちらは土がなかなか乾かず、あまり水をやってない。

f:id:unkei73:20210904150545p:plain

 

ブルーベリーその2。横にばっかり伸びてたが、上に新しい枝が2本伸びてきた。こちらは土が普通に乾くので、2,3日に1回水をやっている。

f:id:unkei73:20210904150624p:plain

 

すだれによる徹底的な暑さ対策を施したが、9月に入ると急に暑さが和らいできた気がする。すだれガードも今月中旬くらいまでかな。

手を抜き続ける

今週は木曜日に脚トレするので、1日空けるために今日ランニング。

しかし、まだ日曜日のテニス練習のダメージが抜けていない。腰痛もある。銀河英雄伝説のせいで眠い。でも、何もしないわけには行かないので出発。

当初から体がだるく、最初から4kmしか走らないと決めた。姿勢にだけ気をつけて走るが、最初の1kmが8分。もう歩いてるのと変わらないのではないかと思った。思ったが上げようもないのでそのまま続ける。

で、粘ること無く4kmであっさり終了。7:40/kmといつもより約1分遅いペースで終了。どんどん手を抜いているな。走るだけましと言われそうだが、自分的には距離も短くしてペースも上げず、どんどん手を抜いてる感じで、全然頑張ってる気にならない。

もう寝よ。

すだれ大好き

前日にベランダの熱気がやばいことがわかって、追加の対策を施すことにした。俺が本気を出すとどういうことになるか、目にもの見せてくれる。

 

物干し竿にフルにすだれを追加。それと使い古しの室内物干しをベランダに出し、それにもすだれをかぶせる。こうすることでベランダの床に日光があたって焼ける面積を小さくする。風で飛んでいきそう。

f:id:unkei73:20210829183413p:plain

 

どうだ。ベランダがすだれだらけ。でも、すだれって日本が誇るすごい発明品だと思うな。日本発祥かどうか知らないけど。誰が考えたんだろうな。こんな細かい創作品。わらを1本1本紐で結びつけようと思いつく?そして、この微妙な隙間が作り出す絶妙な光と影の混成空間。

でも、やっぱり暑いものは暑い。でもいいんだ。直射日光が防げれば。